名古屋で自社だけの特化したホームページ制作をするには

SITEMAP

パソコン

ホームページ制作の今と昔

ひと昔前は、ホームページ制作をするだけで満足する名古屋の企業がかなりの数いたものでした。ホームページさえ作れば、世の中の新しいことに出遅れることなくすぐに対応できている優良企業と、世に堂々とアピールすることができていたからです。すなわち、「わが社は立派なホームページを持っている良い会社」と錯覚できるくらいの効力をもっていたのがホームページ制作だったのです。
ですが、ホームページが完成すれば満足なのだから完成を喜んだのもつかの間、その後には忘れ去られてしまいそのページはほとんど動きのない、更新することなんてほとんどないホームページとなっているものでした。ユーザー側からすると、せっかく気に入った企業や趣味のホームページが見つかってもいつも同じ内容で、なんの新しい情報も更新されていないページにがっかりした気持ちとなっていました。
名古屋のホームページ制作側の怠慢は読み手にすぐ反映されるのです。しかし、最近のホームページは制作依頼側、制作請負側がともに努力をしています。ホームページ制作がしっかりとした1つの仕事となっているのです。名古屋の両社がより良いモノを作るためにきちんとした管理のもと充実したホームページとなっています。気に入ったホームページの新しいニュースや情報のチェックは現代では毎日の大事な作業の1つになっているのです。

会社組織かどうかをきちんと確認すること

今まで果物のネット販売をやる上で名古屋の何社かのホームページ制作業者に頼んだことがあるのですが、自分の収入の発生源となるHPにはきちんとお金をかけるべきです。以前、格安でホームページを作ってくれるホームページ制作業者に頼んだのですが、その会社が潰れてしまったみたいで、未だに昔のホームページが検索結果に表示されてしまいます。連絡が取れないので、仕方なく自分で作ったのはいいのですが、今度は検索結果に自分のサイトが2つあるような状態になってしまったのです。
頼んだ名古屋の業者が潰れてしまったのだから、仕方がないと同業者に言われましたが、今、思えば最初の段階でそこの名古屋の業者に頼むことを思いとどまることもできたのではないか?と思っています。まず、格安という言葉に釣られて、問い合わせページの会社名が株式会社ではなかったこと、資本金が明記されていなかったこと。これだけでも個人でやっているのではないか?怪しむべきでした。また、サポートがずさんでした。HPの場合修正するのも作業が発生するのでお金がかかるのは分かるのですが、業者側の不手際でのホームページの修正でもお金がかかるということに不審を抱いたのです。
一度サイトが文字化けして状態でサイトがアップロードされたことがあったのですが、修正してアップロードするために再度お金を請求するという何ともひどい名古屋の業者だったのです。今思えば、あの時にホームページ制作の業者を変えておけば後悔しています。

ホームページ制作で気をつけたいこと

ここ数年はWEB上でサクサクと個人であってもホームページ制作を簡単に作成できるようになりました。名古屋の会社の概要や特徴など固定ページを最低限4つぐらいは作る必要がありますが、これからは広く多くの人にみてもらえるようにすることが必要不可欠と思います。
Webマーケティングの構築は必須となるでしょう。SNSとの連携、強く押したい商品などはそれだけに特化したページを作り見る人にインパクトを与えたりすることが大事です。多少大げさなくらいに画像等もよりわかりやすく印象付ける演出が必要です。名古屋の専門の業者に頼んだ場合月々の更新料等も結構掛かりますので、自社で更新できるようにすると経費削減にもなりますし、更新がいち早くできるようになります。
表現したいことがリアルに出すことができるのでとても良いと思います。多少の勉強をすれば自社で専門にホームページ制作担当者を抱えて日々更新することが可能になります。ワードプレスなどを使えばテンプレートなども豊富に選べるので月々のサーバー料ぐらいで済みます。
オリジナルな自社だけの特化したホームページ制作ができます。名古屋の業者頼みにすれば専門的な技術などは長けていますがインパクトが残せません。それよりも他にはない自社独自の演出もできて新しい情報の発信を日々更新していけるほうが価値もありますし、強いては売り上げアップにも繋がるのではないでしょうか。


いろんなホームページ制作会社がありますが、しっかりと自分の目的に合ったところを選ばないと失敗してしまいます。そうならないように、クライアントの意向をしっかりと反映してくれるホームページ制作会社が名古屋にあるので、そういったところを活用するようにするのが大切だといえるでしょう。ホームページひとつで集客は変わるので、ここは妥協しないようにしたいものですね。

News

New Information

TOP